ピックアップ

人口減少を考える・・・

人口減少を考える・・・

(公開: 2015年1月23日 (金)

日本が直面している人口減少問題について色々と自分なりに考えてみた。過去約50年の日本は、人口増加と共に経済力も大きくなり国民の生活水準も向上してきた。しかし、バブル経済の崩壊、そして2005年の1億2800万人目前で頭打ちに。今となっては失われた30年と言われる経済力の減少で現在に至る。経済成長と人口増加は無関係という説もあるが、単純に考えて人口減少は需要の減少に比例すると考えられる。そして、日本経済を支えているのは、不動産の価格である。不動の資産として君臨してきた不動産の価格が下がると担保評価低下で財務状況の悪化に繋がり企業の体力低下、金融不安の慢性化、プチデフレが慢性的に起きていくのではないか。こんな状況下で企業は、どう生き抜いていくのか。

自分の住んでいる二俣川はどうか?二俣川駅周辺で再開発の工事が始まった。こんな時代にこの巨額な投資はどうなるのか・・・二俣川の不動産への影響は?しっかりと観測してみたい。


会社の同僚です。いつもセンスがいいなあと思って正直に褒めています。

会社の同僚です。いつもセンスがいいなあと思って正直に褒めています。

(公開: 2014年8月25日 (月)

服装のブランドは分かりませんが、濃紺のスーツ・近くで見ないと分からない程の地模様の白ワイシャツ・スーツと同色系の細めのグラデーションストライプのネクタイ。ポケットチーフネクタイと同素材。実年齢より10歳は若く見える清清しいコーディネートでした。靴はリーガル(黒)ベルト同色。バッグ本革の愛用品で、黄味でもなくこげ茶でもなく黒や紺スーツに馴染む不思議な茶系でした。長年使い込んで出来た色合いだからかもしれません。時計もどこかのブランドだそうです。 男性社員の中では一際目立ちます。細身で、とにかくスーツが良く似合います。いつも黒・紺系を基本としてシンプルにまとめ、しかし素材の良い仕立てのものであることが分かるスーツを着こなします。既成のスーツを着て来ることもありますが、それ程印象が変わらないのが「さすが」と思います。渉外用に同じものを何着かオーダーメイドで用意しているそうです。話が逸れますが、その日はほぼ一日外勤だったそうで、夕方帰社して上着にファブリーズかけていました。その人は煙草を吸わないので、同行した社員が喫煙者だったため洗面所でこっそり臭気抜きをしていました。服を長持ちさせたいから、だそうです。本人曰く「私服も同じだけど、基本に忠実を心がける」のだそうです。素材にこだわる・色を抑える・季節を意識して選ぶ、と。私もその点は同感なので、嬉しいことに話題に窮しません。 クラッチバッグメンズブランド