念願のウッドデッキができました!

念願のウッドデッキができました!

(公開: 2015年2月 2日 (月)

去年の夏に遊びに行った友人夫婦の家の庭でバーベキューを一緒にやらせてもらったのがとても楽しかったので、我が家でも友達を呼んでワイワイしたい!と思いながら構想を練り半年。ついに念願のウッドデッキが完成いたしました。
インターネットで調べると簡単にウッドデッキ 見積もりの比較ができるサイトがあるみたいなので、どの会社にお願いするのがいいのか考えて、頻繁にやり取りをし、自分の理想どおりの仕上がりのウッドデッキを作ってもらうことができました。
まだ真冬なので、風のない暖かい日に日向ぼっこをするぐらいしか活用できていませんが、暖かくなったらどんどん使っていこうと思っています!


人口減少を考える・・・

人口減少を考える・・・

(公開: 2015年1月23日 (金)

日本が直面している人口減少問題について色々と自分なりに考えてみた。過去約50年の日本は、人口増加と共に経済力も大きくなり国民の生活水準も向上してきた。しかし、バブル経済の崩壊、そして2005年の1億2800万人目前で頭打ちに。今となっては失われた30年と言われる経済力の減少で現在に至る。経済成長と人口増加は無関係という説もあるが、単純に考えて人口減少は需要の減少に比例すると考えられる。そして、日本経済を支えているのは、不動産の価格である。不動の資産として君臨してきた不動産の価格が下がると担保評価低下で財務状況の悪化に繋がり企業の体力低下、金融不安の慢性化、プチデフレが慢性的に起きていくのではないか。こんな状況下で企業は、どう生き抜いていくのか。

自分の住んでいる二俣川はどうか?二俣川駅周辺で再開発の工事が始まった。こんな時代にこの巨額な投資はどうなるのか・・・二俣川の不動産への影響は?しっかりと観測してみたい。


進行してしまうと予防では間に合わない

進行してしまうと予防では間に合わない

(公開: 2014年10月16日 (木)

AGAは、つまりはハゲのことです。AGAという言い方を最近良く聞きます。最初は一体AGAって何かな?って思ってしまいました。

ですから、AGAはすごいいい言葉だと感じます。

AGAは、だんだんと進行するものです。

でも、誰かに、言われてしまうくらい進行してしまった時には、予防では間に合いません。

すでに、治療をしないといけない状態です。

ですから、もし身近な人に、AGAの人がいて、自分も将来心配・・と思う人は、AGAの進行が始まっていなくても、予防をすることで、進行が防げるかもしれないのです。

ではAGAの予防とは、何をすればいいのでしょうか?やはり、予防出来ることは、食生活でしょう。

戦後に薄毛が増えた理由は、食事の欧米化にあるのです。

ですから、食事を日本食中心にして、海藻を多く取りましょう。

和食を食べて体を作ることでAGAを予防出来るかもしれません。

AGAになってから慌てるのではなくて、なる前に気を付けて生活することで、きっと進行は違うと思います。

http://www.lookingfordiet.com/

ストレスが肌を老化させる

ストレスが肌を老化させる

(公開: 2014年8月24日 (日)

ストレスは体に与える影響はとても大きなものです。

ストレスの中で生活をしていると言っても過言ではない現代社会です。

ストレスは免疫関係や神経、消化機能など全身にあらゆる箇所に影響を及ぼします。

ですから肌にも影響を与えているんですよ。

ストレスがなければ肌は活き活きと若々しく良い顔色ですが、ストレスや悩み事を抱えていると顔に表れてしまいますよね。

ストレスは肌や体を老化させる原因でもあるんです。

女性はストレスを抱えると肌荒れやニキビが表れたりする人もいますよね。

ストレスには温度や雑菌、騒音や過労と言った物理的なものと不安や怒り、悲しみや恐怖と言った感情的なものがあります。

そのストレスによってホルモンのバランスが乱れたり免疫力の低下、肌のバリア機能の低下によって様々な肌トラブルを引き起こし美肌とはかけ離れてしまうのですよ。

またストレスは細胞を酸化させ老化を早める活性酸素を増加させてしまうんです。

ストレスが溜まるとストレスに対抗しようと副腎皮質ホルモンが分泌され活性酸素が発生し増えていくのです。

このようにストレスは体や肌を老化させる原因なんです。

抗酸化対策であるビタミンCやポリフェノールなど摂取しながらストレスを溜めないようにリフレッシュするように心がけたいですね。

エイジングサプリメント「マイナチュレサプリ」

 


ナンピンの原理、原則

ナンピンの原理、原則

(公開: 2014年8月12日 (火)

FX投資の情報では「損失を被ったケースではナンピン買いによってポジションの価格を低くする事が出来る」などと述べられていたりしますが、実際はそれは目に見えない引っ掛けがあります。

まずはじめに、ナンピン買いの方法について手短に説明します。

たとえば、100円で1ドルを買ったとします。

 

ドル買いなので、円安になるほど黒字が大きくなりますが、思い通りに行かず1ドル95円までドル安に振れてしまったとします。

 

この状態で保持し続けたとしたらプラスになるためには5円分円安が進まなければなりません。

誰もがみんな、損は早く取り戻したい考えるでしょう。

 

ここで最初にエントリーしたのと同じ額のドルを1ドルを95円で買います。

 

それによって、ポジション全体の買い付け価格は97円50銭まで下げることができますこの結果、半分の幅でドル高に推移すれば損失を回復できる。

 

それが、ナンピンの原理です。

このように、ナンピンのやり方を理解すると、「確かに」という風に思うが相場はそう容易には思った通りにはなりません。

 

元々、1ドル=95円が下限だとということなど誰も予想できません。

仮定として、相場が相当の円高ドル安の流れだったら1ドル=95円では止まることなく一段の円高ドル安にいく確率はあります。

 

例として、97円50銭でナンピンをするとしても1ドル95円まで円高が速んだら、ナンピンした分についても赤字が生じます。

 

これでは、一番初めに売買したドルと一緒に倍の為替差損が生じる事になります。

 

それゆえ、ナンピン買いは大変です。

 

それなら、相場が己の脚本とは逆の方向にすぐに進む場合どのような手法で危機の確率を回避すればいいのでしょうか。

 

この場合取れる選択肢は2つだけあります。

まずひとつは執着しないで損切りをすること。

もうひとつの選択肢としては、その段階で、自分が保持している買いポジションを小さくする事で再度市場がリカバリするのを大人しく待機する事です。

 

ちょっと弱腰の術だと思う投資家もいると思います。

だけど、持っている買いポジションにマイナスが出た時有効な術はこれ以上のものはないです。

 

言うまでも無く、理屈の上では、ナンピン買いをしてみる考え方もありえます。

 

だがナンピン買いは、自身が損失を出している状態で、ポジションを減らすどころか、反対にポジションを積んでいく方法である。

 

それでは、危機を避けることなど、とても不可能だ察するべきです。

ナンピンを続ける事ができればいずれは勝てるかもしれない。

けれども、そうなる前に資金は足りなくなってしまいます。

 


外為取引には買いと売りの両方の値が存在する

外為取引には買いと売りの両方の値が存在する

(公開: 2014年8月11日 (月)

「スプレッド」とはFX投資は通貨を売買して儲けを生む商品です。

 

トレードの値は、常時変化しています。

 

それがレートです。

 

ニュースサイトを見ているとドル円やユーロ円のレートの情報が流れるケースがあります。

 

「ただいまの為替相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

 

それは80円50銭から80円52銭の間で注文されているという事を表しているのではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを示しています。

別の表現をすると外為取引には買いと売りの両方の値が存在する事を示しています。

 

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と示しているFX取引会社も存在しています。

 

普段は売値の方が安く設定されています。

 

私達が買うときには高く、売るときには安くなります。

 

この差分をスプレッドといい、FX取引会社の収入となっています。

 

スプレッドの幅はFX取引会社によって違います。

 

スプレッド幅は投資家にとって負担になるので狭い業者を選択したほうが有利です。

 

ただし、同じ業者でも状況に応じてスプレッドの幅は広くなったり狭くなったりします。

 

もしも通常時は円とドルの通貨ペアで1銭のスプレッド幅であっても、相場の上下がとても大きいケースでは3銭、4銭になる事があります。

 

そういう訳で、スプレッドの幅が狭いのと同じく変化が小さいということが重要です。

 

この頃では動かないスプレッドの幅を表示する取引業者も数多くあったりします。

 

リアルに取引会社のトレード画面の上で本当のレートを確かめなければ判断できないので億劫ですがとても大事な事です。

 

大事な財産を投資して注文するわけですから実際の注文の前に、関心があるFX取引会社の新規口座開設を遠慮せずにして示されているスプレッド幅を点検しましょう。

 

同じ通貨でも為替の変動率によって、スプレッドの狭さは変化します。

 

一般的には、インターバンクマーケットで流動性の高いペアではスプレッド幅が小さくこの他のペアではスプレッドが広がる事があります。

そーきっち通信